FRPの製造方法Method for producing FRP

フィラメントワインディング(FW)法

高強度!大容量タンクや圧力設計に対応

等速で回転する型(マンドレル)に、樹脂槽で連続的に樹脂を含浸させたロービングを張力を掛けて巻きつけます。
当社では、直径可変式のマンドレルにより、さまざまなサイズ/容量に対応しています。

  • 優れた強度特性が得られる。
  • 生産性に優れている。
  • 内面の寸法精度が高い。
マンドレル

ハンドレイアップ(HLU)法

自由な形状が可能!

成形型に繊維素材を載せ、これに樹脂を十分含んだローラーで含侵させ、さらに脱泡し、必要板厚になるまでこれを繰り返します。

  • 複雑な形状の成形ができる。
  • 単品からの生産に対応できる。
  • 非常に大きな製品が成形できる。

ハイブリッド法

高耐食/高温にも対応!

耐食層にFRP以外の素材を用いることで、腐食性ガスや液、又は、高温での使用が可能です。
強化層にはFRPを使用しますので、軽量で高強度なFRPの特性をいかすことができます。

  • フッ素樹脂:PVDF/PFA
  • その他樹脂:PP/PVC
ハイブリッド法